会長御挨拶 3つのH (Human、 Heart、 Harmony)

神奈川県眼科医会
会長  種田芳郎

 本年4月1日に開催された代議委員会総会にて、前会長秋元清一先生の後任として神奈川県眼科医会会長に就任いたしました、種田芳郎でございます。ご推挙いただきました神奈川県眼科医会代議員、会員方々に心より篤く御礼申し上げます。

 任期中は微力ながら伝統ある本会発展のために、新役員と共に出来る限りの努力をつくす所存でございます。

 現在本会には800余名の会員が所属しております。この伝統ある大きな会をまとめていくため、3つのポリシーを掲げることにしました。その3つが、表題に挙げました Human、Heart、Harmony であります。

 眼科医の集まりである本会は、眼科医療を行う職能集団であります。患者と医師で行うのが医療行為であり、その根幹は患者と医師の間に存在するHumanHeartであります。日々の診療行為が眼科医療の啓発であり、医道の高揚、医学技術の向上発展、地域社会への貢献へとつながっていくものと考えております。本会が行っております学会、講演会、集談会等への参加によって、会員方々の目的が達成されることを願っております。

 県内にある医療機関は、さまざまな形態をもっております。従って、勤務形態は異なり、さまざまな考えをもって医療行為を行っております。大学間、勤務医と開業医、開業医同士、そして役員と会員それぞれの考えを互いに尊重し、隔壁を調和することが、融和であります。この会員相互の融和(Harmony)を図ることが必要です。

 昨年より、開催した神奈川県眼科学会で行われている一般演題では、他大学の教授によって座長が担われており、神奈川クロスオーバーシンポジウムでは他科との融和を図っております。更なる融和を達成するために本年より、医療機関従事者講演会を開催し、医療機関従事者間の交流の場をもうけます。また、県眼科医会のホームページを利用し、会員の皆様に情報を随時発信したいと考えております。つまり、Harmonyの構築には、正しい情報の発信、またその情報の共有と活用であると思います。

 すべての目標を短期間で達成することは出来ず、そして役員だけで出来るものでもありません。会員一人一人のお力があって達成できるものと考えております。members/contents/hoken_news 3つのHを掲げ、本会の更なる発展に努めますので、会員皆様のご理解、ご協力、ご鞭撻をお願い申し上げます。